より細かい情報を得るために優しい話し方になる

医療機関に行くと、医師の診察を受けます。
医師といえば高等教育を受け、難関の医学部に入学して国家試験にも通っています。
エリート中のエリートですが、意外に話をすると気さくな人が多いことが分かります。
友達のように話しかけられたりして少し戸惑う人もいるかもしれません。
病気の治療を行うとき、どれだけ情報が得られるかによって治療の方法が変わってきます。
風邪気味でやってきた人に対して、そのまま風邪薬を渡すだけの医師はあまりいないでしょう。
本当に風邪かどうかを確認しないといけないので、熱やその他の症状などを確認して、病気の可能性を絞り込みます。
この時、ちょっとした患者の発言が重要な情報になります。
食事の時にどうだったとか、寝る時にどうだったかなどの情報があると、それによって病気を確定しやすくなります。
できるだけ患者に話してもらうために、易しい語り口調であったり、友達のような話し方をしてくれます。
もちろん医師によって多少の差はあります。