家族がしっかりサポートしてあげることが大事

心の病は怠惰なだけと言われていた時代もありました。
現在では、病気としてきちんと認識されるようになってきています。
しかし、いざ家族の誰かが統合失調症などの心の病を発症した場合、どう対処していいか分からないでしょう。
統合失調症の人の療養生活には、医者と同じくらい家族の存在が重要になってきます。
医者だけでなく、家族もしっかりサポートしてあげることが大事です。
基本的には温かい心を持ち、落ち着いて対応することが求められます。
ポイントを押さえておきましょう。
精神科の受診を説得する場合、はれものに触るような対応では言い争いに発展しかねません。
本人の気持ちを聞き、家族も心配していることをしっかり伝えます。
病気などの言葉は使わず、疲れているようだからと言う表現を用いて病院の受診を勧めるようにしましょう。
言い争いになったときは、一緒に興奮してはいけません。
一歩引いて、心情的な部分を理解することに努めましょう。