家族が統合失調症と診断されたら

統合失調症患者への理解も昔に比べれば格段に進みました。
しかし、いざ家族が統合失調症と診断された場合、家族はどうすればいいか悩んでしまうことが多いです。
患者との接し方を正しく理解しておくことが重要になってきます。
統合失調症の人は、自分の気持ちを理解してもらえないとき、暴力に訴えることが珍しくありません。
妄想が原因で暴力をふるうこともあります。
家族としては我慢してしまうでしょうが、危険な場合は警察を呼ぶ覚悟も必要です。
暴力まではないにしても、言い争いになることはよくあります。
その場合、一緒になって言い争ってはいけません。
冷静に対応することが大事で、本人の考えをしっかり聞くようにしましょう。
また、時には入院が必要になります。
入院を勧めるのは難しいと思うかもしれませんが、家族が心配していて、決して見捨てるわけではないと言うことを伝えることが大事です。
できる限り、安心感を与えるように努力しましょう。